東山線「上社」から徒歩1分の貸しオフィスビル 株式会社ST-BASE

ST-BASEとは

借主様のニーズにあわせST-BASEが作り出す
新築建貸しオフィスビル

建物には、洒落た外観やクオリティの高さを求め。
オフィス空間には、ここで働いてみたいという思いを見出せるような空間をご提案。

一日の中で長時間滞在するオフィスだからこそ、
設備やデザインにこだわり、「ホテルのような居心地の良さと上質な空間」を実現します。
賃貸オフィス部では、働きやすい執務室や会議室のレイアウトはもちろんのこと、
清潔感が高いロッカー室や使い勝手にこだわったリフレッシュルームの空間をアドバイスします。
共用部では、快適性に"洗練さ"と"安らぎ"を併せ持ったトイレ空間に、とりわけこだわっています。
ST-BASEは、借主様のアクセシビリティに沿った空間設計を心掛け、
日ごろの管理運営にも、ワンストップで借主様をサポートします。
「ST-BASE」とは、「Strategic+Base=戦略上の基地」という造語です。
借主様のビジネスの戦略的な空間(基地)でありたいという意味を込めています。

※掲載のイラストは全て完成イメージ図です。敷地には、現状実在する建物はありません。太陽光発電設備はオプションです。(要相談)

ST-BASEは、幾通りもの平面図を描き、敷地に対するベストな建物レイアウトを考察しました。
共用部についても同様です。
したがって、「基本建物」のスペックは決まっており、
借主様のニーズに応えたオフィスレイアウトと共用部のトイレや避難通路を
借主様にあわせ変更することで、建物の設計は完了します。
借主様から、移転等のご相談を頂いた時点で、
建物について何もないゼロからの出発点ではないため、
借主様の使い勝手に沿った理想的オフィスレイアウトを、ST-BASEは短時間でご提案できます。
「ST-BASE上社」など、これまでに蓄積した実績から、ST-BASEは借主様のご要望に的確に応えることができます。

ST-BASE共用部の特徴

共用部の管理はST-BASEが行います
借主様は、日々の業務に集中してください。
共用部のトイレや給湯室などの日常的な清掃、屋上キューピクルや緑化などの
わずらわしい管理はST-BASEが行います。

ST-BASEの特徴

借主様が負担する建物に係る移転費用を削減
建物完成後に間仕切り壁の追加や簡易パーテションを設置する行為は、
借主様の時間と移転費用を押し上げます。
エアコンと換気扇、照明器具、消防設備、
セコムなどの見直しが必要となります。
これらの無駄を省くため、
ST-BASEは、建物の初期計画段階から
借主様のオフィスレイアウト情報を得て、
建物の一部として併せて施工します。
もちろん、新築時の施工費なので、ST-BASEが負担します。

移転等を各種専門家がサポート
オフィス移転は、とかく面倒な事項が付きまといます。

アドバイスを専門家チームで行うため、
ST-BASEは、借主様に対しワンストップで移転のサポートができます。

セキュリテイの運用方法をセコムさんにご相談ください。
いろいろな入室管理ができます。

状態表示機能
  • 警備システムに接続されているすべての扉の入退室情報、異常情報をリアルタイムに表示・記録できます。
記録・検索機能
  • いつ・だれが・どこに入室したかを検索できます。
  • テキストファイル(CSVファイル)で出力し、保存ができます。
  • 履歴は指定ハードディスクドライブ内に保存されます。
費用負担について
  • 新築時に導入する建物に係るセコムの取得費用は、ST-BASEが負担します。(セコムの基本システムとソフト、電気錠、防犯カメラ、録画機など)
  • 毎月の建物に係るセコムのランニングコストは、ST-BASEが負担します。
  • 都度発行するカードなどの消耗品は、借主様の負担となります。
警備エリア等の利用状況が
PCで一括監視できます。

pageup